慢性閉塞性肺疾患が引き起こす聴覚障害

昨日まで健康だったから、今日も健康でいられるという保証はありません。病気はいつ突然襲ってくるかわからないものです。しかしながら、できるだけ病気にならないように対処するということはできます。例えば最近様々な病気に関わるものとして注目されていることの一つに喫煙を上げることができます。喫煙はいろいろな病気を招くということが知られています。その一つに慢性閉塞性肺疾患があります。慢性閉塞性肺疾患とは、タバコなど有害物質を長期間にわたって吸い続けることにより、肺に炎症が起きる病気のことです。もしこの病気になるならば、慢性的に咳が出たり、階段の昇り降りなど体を動かした時にゼーゼーハーハーと息切れを起こすようになります。そして重症化すると呼吸不全を起こすことがあります。或いは生活に支障をきたす程息苦しさを感じるようになることもあります。
喫煙は他にも癌や循環器疾患、消化器疾患、その他のさまざまな健康障害を起こします。喫煙は病気になる非常にリスクの高い習慣といえます。ですので、たばこを吸うと習慣を止めることは病気にならないようにする上で重要なことといえます。

またストレスも様々な病気を引き起こすファクターといえます。例えばストレスによって起きる病気の一つに聴覚過敏があります。この病気に罹りますと、音に対して過敏に反応し、常に神経が張った状態になります。この病気の原因は長期にわたるプレッシャーといえます。例えば、受験勉強や、仕事で何らかの大役を任されてずっとプレッシャーがかかった状態になると聴覚過敏を起こすことがあります。もし聴覚過敏になったならば、耳鼻科で診断してもらうようにいたしましょう。この聴覚過敏にならないためには適度にストレスを解消する必要があります。上手にストレスを解消することによって、病気を発症させないように気をつけましょう。