EDは無酸素運動より有酸素運動!

ED(勃起不全)になり原因は人それぞれです。加齢がEDになる原因として言われていることが多いですが、近年では20代~30代の人でも症状に悩んでいる人が増えてきています。不妊やセックスレスなど夫婦関係に影響を与えることもあるため、早期的な治療をすることが必要になります。陰茎の血液の流れが悪くなると、勃起の機能が正常に働くなることがあるので、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病が症状を引き起こしていることがあります。食生活の乱れや睡眠不足など不規則な生活をしていると生活習慣病にかかりやすいので、まずは生活習慣をしっかりと管理することが大事です。
また、EDになる原因には、精神的なプレッシャーが関係していることがあります。男性としての自信がなくなったと感じてしまうため、性交にも積極的になれないこともあるでしょう。ストレスを感じると緊張してしまうこともあるので、ダメでもいいと自分を楽にしてあげることが大切です。想像をして自分の好きな芸能人のことを考えてみたり、リラックスする場面を思い浮かべるようにしましょう。
また、運動をすることによってEDになりにくい体作りをすることができます。体力をつけたり、血行を良くする効果があるので、普段から運動をするようにしましょう。運動をする時には、無酸素運動よりも有酸素運動をすることが重要です。有酸素運動をすると、血液が酸素をたくさん運んでくれるため、体全体の血液の流れが良くなります。血液の流れが良くなると、血管を拡張する作用のある一酸化窒素も増えるので、勃起機能の改善につながります。無酸素運動は基礎代謝を上げる効果があり、太りにくい体を作ることができるので、体力を作りたい場合には、どちらも行うといいでしょう。